読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の目に見えるもの

愛煙家のブログ

5年後の自分

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

5年後の自分に対して言いたい事を考えてみても、具体的なものが出て来ない。

 

だから、今の自分がが5年前の自分に訊いてもらいたい事を考えてみた。

 

それを参考に5年後の自分に訊いてみたい事を見付けよう。

 

5年前の自分というのは23才で、人生の中でもトップ3に入る絶望的な時期だった。

 

夢は砕けたし目標も瓦解して、ほとんど廃人のように過ごしていた3ヶ月があったのも、ちょうどこの時期。

 

さて、そんな時の自分が今の自分を見たらどう思うだろう?

 

自分だとは思えないはずだ。

 

あの頃の自分に今の自分が言える事は何もない。

 

だから、5年後の自分に言いたい事も見つからない。

 

年数にこだわらずに考えて見ると、私には人生の中で戻りたい時期がない事を思い出した。

 

ほとんどの人は戻りたい「あの頃」を持っているのだけれど、私にはそれが全くないのだ。

 

良い思い出はある。

 

しかし、その頃に戻してやろうと言われたら即答で断る。

 

どの時期にも苦労があって、今を乗り切ればと人生のどのタイミングでも思ってきた。

 

その頃に戻るというのは良い事だけではなく、悪い事まで戻って来るという意味になる。

 

せっかく乗り越えた艱難辛苦が舞い戻って来ると思うと、いよいよ首でも吊ろうかと思ってしまうのだ。

 

おそらく、5年後から見れば今もそうなのだろう。

 

10年後でもこれは変わらないと思う。

 

私の人生はこういうものなのだ。

 

ただ1つだけ5年後の自分に訊きたい事が見付かった。

 

子供がいるのかどうか、これだけは知りたい。

 

おそらくいるのだけれどどう思っているのか、どう感じているのかを知りたい。

 

自分が親になるというのは、どういう事なのかを教えて欲しい。

 

それだけが気になる。