読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の目に見えるもの

愛煙家のブログ

プレゼント

彼女のためにクリスマスプレゼントを買って、あとは渡すだけになった。

 

渡すのを楽しみにしていると、昔の事を思い出した。

 

あれは小学3年生の父の日だったと思う。

 

母親に金を持たされ、ネクタイとネクタイピンを買ってこいと言われた。

 

私は兄二人と一緒に町へ出て、ネクタイを買いに行ったけれど、それが本当に嫌だった。

 

プレゼントを渡したくない相手のために何かするなんて、時間が無駄だと思ったし、仲良し家族ごっこに我慢ならなかった。

 

母親は常に父がいかに最低な人間なのかを私たちに話していた。

 

今思うと誇張もあったけれど、確かに最低な振る舞い方をしていたし、酒乱がいる家は地獄絵図だと今でも思う。

 

そんな男のためにプレゼントを買うのが、本当に嫌だった。

 

こんなことを考えてしまうのは、今『言の葉の庭』という映画を見たからかもしれない。

 

映画の中で『27才の私は15才の頃と何も変わらないまま、ずっと同じ場所にいる』というセリフがあり、それがきっかけで思い出したのだ。

 

29才の私は9才の頃と変わらない部分があり、今でもその記憶に苛まれているのだ。

 

小学生の頃、30才と言えば充分過ぎる大人で、何があっても悩んだり苦しむものではないと思っていた。

 

たぶん、私は今の彼女と結婚するだろうけれど、実はまだ結婚生活に自信がない。

 

私の中にある家族像は狂っている。

 

距離があるから他人には隠せているけれど、私の傍にいればいつかは気付かれてしまうだろう。

 

生育歴については話してあるけれど、私の狂った人生に彼女を巻き込んで良いものなのかどうか、今でも迷っている。

 

私に子供ができて父の日にプレゼントをされたら、私は無表情になると思う。

 

嬉しくなさそうな私の顔を見て、子供を傷付けてしまうかもしれない。

 

疲れているから、こんなことを思うのかもしれない。